食後すぐ磨いてはいけない?歯磨きに関する新常識

歯磨きは食後すぐNG?歯の磨き方に関する新常識

唾液を活用する

歯磨き習慣に注目

歯ブラシは、ペンを持つ時のように握ります。
力を抜いて持ち、小さく刻んで動かす、歯の間に沿わせる等、傷めないように歯や歯茎を磨きます。
歯周病に効果のスクラッピング法やバス法があります。
スクラッピング法の歯磨き法は、歯ブラシを歯に垂直にして丁寧に磨き、歯の横側面から前後左右に小さく刻んで動かす方法です。
歯と歯茎の間やポケットのプラークも様々にかき出していきます。
バス法の歯磨き法は、歯ブラシを歯と歯茎に45度の角度にして、小さく刻んで動かして汚れを直接かき出していく方法です。
歯茎マッサージの効果もあって、歯茎の血色も良くなります。
歯と歯茎の間のプラークも、かき出す効果があります。
プラークは、歯ブラシの毛先でかき出さなければ除去となりません。

磨き方を変える

磨き残し易い下の奥歯は、毛先の当たり方が密着しているか確かめて、歯ブラシで奥歯の周りに小さく刻んで動かすしかなく、丁寧に磨かなければなりません。
奥歯の裏側は歯ブラシが届きにくく、開口し、歯ブラシをバス法などでゆっくりと磨きます。
上の奥歯は1本ずつ丁寧にスクラッピング法で。
お口の印象を決める前歯も丁寧にスクラッピング法で磨きましょう。
上の前歯の内側は、縦にした歯ブラシを歯の間に差し込む感じで磨きます。
下の前歯の内側は、少し立て歯ブラシの毛先を使いながら、取れにくいプラークを少しだけ力を込めてかき出しさらに丁寧に磨かなくてはいけません。
歯並びが悪くて磨きにくい重なった箇所は、虫歯や歯周病にもなり易く、少し歯ブラシを立てて、ゆっくりと磨きます。

▲ ページトップへ戻る